ドイツの主な助成機関

研究助成

ドイツの研究資金の調達方法は、この国の研究構造のように多種多様です。連邦制の下で資金提供が行われるため、連邦と州がそれぞれ独立して研究の資金提供と組織立てを行っているからです。その際、共同委員会で決議が行われ、また、共同イニシアチブにより資金提供が行われることもあります。また民間の資金提供機関と企業も研究と開発の資金提供に力を入れています。欧州連合もいろいろな手段で研究に対して多額の資金を提供しています。

 
主な助成機関

ドイツでは各州の機関、大学以外の多数の大規模な研究施設、経済界が研究に対して助成を行っています。ドイツの重要な助成機関をここにご紹介します (アルファベット順):

 
科学アカデミー

wi-akademie科学アカデミーはドイツの研究において長年にわたり重要な位置を占めています。科学アカデミーでは基礎研究の長期プロジェクトが行われています。また奨学金や各種の賞により若手研究者ばかりでなく、経験豊かな研究者も支援しています。博士号取得者と経験豊かな研究者のための助成プログラムに関する詳細はwww.research-in-germany.de/funding-academiesを参照してください(英語)。

 
アレクサンダー・フォン・フンボルト財団

avhアレクサンダー・フォン・フンボルト財団 (AvH) は、外国からの優秀な研究者とドイツの研究者間の研究協力を助成しています。アレクサンダー・フォン・フンボルト基金は特に国内、そして外国からの若手研究者に対して幅広い助成プログラムを提供しており、その中にはフンボルト研究奨学金等の奨学金や奨励賞も含まれています。アレクサンダー・フォン・フンボルト財団は経験豊かな研究者にもさまざまなプログラムを提供しています。各助成プログラムに関する詳細は www.research-in-germany.de/funding-avhを参照してください(英語)。

 
ドイツ産業研究協会連合(AiF)

aifAiFは中小零細企業向けの応用研究と開発に力を入れており、特に産学間の交流を助成しています。AiFの研究活動に関する詳細は www.research-in-germany.de/funding-aifを参照してください(英語)。

 
優秀な学生のための助成機関

youngtalentドイツ各地で活動する12の助成機関が協調して優秀な学生および博士号取得志願者を支援しています。各助成プログラムに関する詳細は www.research-in-germany.de/funding-organisationyoungtalentを参照してください(英語)。

 
連邦と州 – 省庁での研究とプロジェクト運営者

funding-goverment多くの連邦省庁が研究プロジェクトの助成を行っています。 直接的なプロジェクト助成としては、有期限のプロジェクトに対する助成金提供が挙げられます。間接的なプロジェクト助成としては、インフラ、協力体制、ネットワークの整備によるサポートが挙げられます。詳細は www.research-in-germany.de/funding-government を参照してください(英語)。

 
ドイツ学術交流会 (DAAD)

daadドイツ学術交流会 (DAAD)は、学生と研究者の国際交流のための世界最大の助成機関です。DAAD は、外国の (若手) 研究者がドイツで研究を行うための数多くの助成プログラムを提供しています。博士号取得を目指す研究者や客員講師向けの短期奨学金等、さまざまな研究計画に対して助成を行っています。詳細は www.research-in-germany.de/funding-daadを参照してください(英語)。

 
ドイツ研究振興協会 (DFG)

dfgドイツ研究振興協会 (DFG) は、ドイツ最大の研究助成機関です。大学と公的研究機関を財政的に支援しています。研究所の運営もしていますが、研究機関ではありません。DFGのリサーチトレーニンググループでは外国からの若い研究者に多種多様なプログラムを提供し、優れた研究環境において体系的に博士号が取得できます。博士号を持つ若手研究者および経験豊かな研究者にも、さまざまなDFGプログラムが用意されています。詳細は www.research-in-germany.de/funding-dfgを参照してください(英語)。

 
欧州連合

eu 欧州連合は、欧州研究会議による研究枠組計画と基礎研究の支援、そして欧州各国間の交流促 進等、多様な方法で研究振興を行っています。欧州研究会議 (ERC)と欧州委員会のマリー・     キュリー・アクションでは、欧州の若手研究者などを支援しています。詳細は www.research-in-germany.de/funding-europeを参照してください(英語)。

 
フラウンホーファー協会

fraunhoferフラウンホーファー協会は、国際的に連携した応用研究を行っており、この分野においては欧州最大の機関です。また、博士号取得者が独自の作業グループを立 ち上げる際、あるいは客員研究者として同協会の研究所に滞在する際の支援を行います。経験豊かな研究者は自らリーダーとなって研究グループを率いたり、国 内外で客員研究者として活躍する際の支援も行います。詳細は www.research-in-germany.de/funding-fraunhoferを参照してください(英語)。

 
ドイツ研究センター ヘルムホルツ協会

helmholtzヘルムホルツ協会は、ドイツ最大の研究機関です。同協会はカリキュラム化された博士課程、ヘルムホルツ・グラデュエートスクールとリサーチトレーニング・グループにより、博士号取得を目指す研究者に多くの興味深いプログラムを提供しています。博士課程修了者は、ヘルムホルツ協会のヤング・インヴェスティゲーター・グループで自立的な研究を行ってさらに能力を高めることができます。詳細は www.research-in-germany.de/funding-helmholtzを参照してください(英語)。

 
ライプニッツ協会

leibnizライプニッツ協会には、多くの分野の研究機関が所属しています。ライプニッツ・グラデュエートスクールは、優れた学術環境において博士号取得を目指す博士課程です。経験豊かな研究者は、ライプニッツ協会の研究プロジェクトにおいて興味深い環境で研究を行い助成を受けることができます。詳細は www.research-in-germany.de/funding-leibniz を参照してください(英語)。

 
マックス・プランク協会

mpg学術振興のためのマックス・プランク協会は、独立した公益研究機関です。マックス・プランク・リサ-チ・スクールは、博士号取得を目指す研究者に優れた研究環境、充実したサポート体制を提供しており、優れた研究ネットワークを築くことができます。博士号取得者は、マックス・プランク協会の博士号取得者向け奨学金および研究グループの支援により、研究者としてのキャリアをスタートすることができます。詳細は www.research-in-germany.de/funding-maxplanck を参照してください(英語)。

 
基金

foundationドイツにある約2.600の基金の多くが、特に奨学金により若い研究者の博士号取得を支援しています。幅広い分野にわたる助成プロジェクトがあり、多くの研究者が支援を受けています。フリッツ・テュッセン学術振興基金をはじめとするいくつかの基金では、個人応募の奨学金は博士号取得者のみに限定しています。また、多くの基金が、たとえば環境研究あるいは平和政策などそれぞれ特定の研究プロジェクトに対して助成を行っています。詳細は www.research-in-germany.de/funding-foundationsを参照してください(英語)。

 
企業

company企業の研究活動は、ドイツにおける研究の重要な柱のひとつです。各企業は総合大学及び大学外機関とさまざまな協力をしています。博士号取得を目指す研究者は、研究に力を入れる企業において主にパートタイムの有期労働契約で実務的な応用研究を行って博士号を取得することができ、また、そこで博士号取得後の展望を描くことができます。詳細は www.research-in-germany.de/funding-companiesを参照してください(英語)。
TOP