2014年04月10日

欧州の大学を一堂に集めた留学フェア開催

B3-Intersingle-515x280mm

European Delegation, Campus FranceとDAADは日欧の複数の機関[1]と共に、5月に「欧州留学フェア2014」を開催します。大成功を収めた2012年および2013年に続く今回の留学フェアは、東京会場に計62のブースが出展、またオーストリア、リトアニアおよびオランダの3加盟国が新規に参加する、今までで最大規模のフェアとなります。

[記事全文]

2014年04月09日

お知らせ

担当者不在のため、下記の日はドイツ留学相談をお休みさせていただきます。
4月:23日(水)、28日(月)
5月:9日(金)、12日(月)、15日(木)、16日(金)、
19日(月)、20日(火)、22日(木)、27日(火)
どうぞよろしくお願い申し上げます。

2014年04月03日

「トビタテ!留学JAPAN」留学しよう!トークライブ~活躍のフィールドは世界だ!

rj_logo

2014年3月28日、DAAD東京事務所は文部科学省、在日米国大使館が主催する「トビタテ!留学JAPAN」留学しよう!トークライブに参加しました。会では、キャロライン・ケネディ駐日米国大使と下村 博文文部科学大臣が、学生たちにむけたスピーチを行いました。
詳細はこちらをご覧ください
http://www.mext.go.jp/ryugaku/event.html#anno2
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/03/1346180.htm

2014年03月25日

公募 2014年度日独若手専門家交流

ベルリン日独センターによる公募
ナノテクノロジーと材料科学(特にカーボンナノチューブとグラフェン)

若手研究者招聘プログラムでは、およそ10年程前から自然科学を専門とした日独両国の若手研究者を対象に、日本またはドイツへの10日間の研修旅行を実施しています。このプログラムは、相手国の研究所および企業訪問、そしてさまざまな関連分野の研究者との交流を通じ、参加者が各国の研究形態、科学・技術開発の現場に触れることを目的としています。長期的には、このプログラムにより日独の若手研究者間でネットワークが築かれ、日独関係をより深めていくことが期待されています。

本プログラムは外務省およびドイツ連邦教育研究省の資金により実施されます。

2013・14年度の若手研究者招聘プログラムは、ナノテクノロジーと材料科学(特にカーボンナノチューブとグラフェン)をテー マに掲げています。
公募人数:最大8名
対象者:40歳未満の公的研究機関または民間企業にお勤めの方。
日程:6月26日~7月7日まで 7月5日はドイツ側元参加者とのワークショップ
応募締め切り:4月30日。
詳細はwww.jdzb.de/jp/exchange-programs/junexperts/をご覧ください。

2014年03月19日

「日本語学習と企業内研修」第29期生 修了式・感謝の夕べ

SPbanner

2月20日、ドイツ文化会館で「日本語学習と企業内研修」(通称SPプログラム)29期生の修了式が、研修先の企業の方々をお招きして行われました。

[記事全文]