諸手続の順序

2. 2 諸手続きの順序
参考までに、ドイツの大学所在地到着前後に必要とされる役所・大学関係の手続きを以下まとめておきます。もっとも、各都市・大学・個人の事情によってかなりの違いがあると思われますので、あくまで一つの事例として参照してください。

  • 郵便局に転入・転居通知の送付(用紙は各郵便局で入手可能:語学研修を大学所在地とは別の都市で受けた人は、研修地から送った荷物が届かないということになりかねないので、必ず引越し前に送付すること)。
  • 語学研修を受けた人は、住民票の転出届をおこなう[語学学校によっては(例えばゲーテ・インスティテュート)、語学研修地での転入・転出届を代行してくれる場合もあります]。
  • 大学所在地に到着次第、各都市の住民登録申請用紙を入手、入居時に貸主からサインを貰っておく。その際、管轄の住民局の場所を確認。
  • 住民登録(2-3参照)。
  • 銀行口座の開設(2-4参照)。ついでに社会保険料(大学登録料)の振込み。
  • 電話開設の申し込み(最寄りのT-Punkt―ドイツ・テレコムの支店―で行えます)。
  • 健康保険の契約(2-5参照)。
  • 大学入学手続き(2-6参照)。
  • ビザ申請(2-7参照)。都市によっては学生専用の申請日を設けているので、なるべくその日を利用。
  • 戻る

    TOP