到着後のサポート

ドイツの大学に留学してから特に最初の数週間は、住所の届出、健康保険の加入、銀行口座の開設など、やることがたくさんあります。この大変な時期に助けてくれる窓口は心強い味方です。
Studentenwerk/Student Service (学生互助会)www.internationale-studierende.de/enは、新たにドイツに来た留学生が最初の足がかりを得られるようサポートするサービスを提供しています。それには一般的に、駅や空港での出迎えだけでなく、様々な手続きの際のサポートも含まれています。多くの学生寮にはチューターがいて、外国人学生を手助けしてくれます。多くの場合チューター自身も留学生で、かつて自分も直面した問題に先輩として相談にのってくれます。

大学の Akademisches Auslandsamt (AAA)/International Office (留学生課)も同様のサポートをしています。住民登録、外国人局、学生事務局での手続きの際に新しく来た留学生を積極的に手助けしてくれます。また、歓迎パーティを開催して学生同士が知り合いになれる機会を作ったり、地元のガイドツアーや、大学や図書館のガイドツアーを行ったりしています。新しくドイツに来た留学生にメンターをつけて一対一でサポートすることもよく行われています。また、ドイツやドイツ人をよりよく知るために、たとえば、互いに言葉を教えあうタンデムや、メンターなど、ドイツ人との交流プログラムを組織する大学もあります。

TOP