ドイツで博士号を取得する

ドイツで博士号を取得するには以下のような方法があります。

  • 指導教授 (“Doktorvater” または “Doktormutter”) のもとで博士論文を書く。教授を探したり、コンタクトをとるには、インターネットや電子メールを活用するとよいでしょう。博士論文の指導教授が決定すると、通常はその大学に数学期のあいだ籍をおいて、いくつかの講義に参加することになります。現在お持ちの学位が、その博士号取得の研究に入るための資格を満たしているかを速やかに確認してください。博士課程がある大学はこちらからも検索できます。
  • ドイツの大学に開設されている International Postgraduate Programmes (IPP) に入学する。2001年以降、さまざまな専門分野に博士号取得にいたるカリキュラムが組まれた博士課程が設置されています。IPPはさまざまな観点から審査されて選ばれた課程です。
  • Graduiertenkolleg で博士号の取得を目指す。Graduiertenkolleg (Research Training Group) (大学院共同コロキウム) とは、学部卒業の優秀な学生が、博士課程でさらに研究を続けられるようにするために設けられた大学の機関です。一般的にGraduiertenkolleg では、15 ~ 25人の学生が、大学のそれぞれの研究分野において、博士号などの取得を目指します。 Graduiertenkollegに所属する学生は、特別課程プログラムに参加し、教授陣から指導・カウンセリングを受けます。
  • International Max Planck Research Schoolsマックス・プランク協会とドイツ大学学長会議により、若手研究者が博士号取得を準備するために設置されました。外国人の参加者が歓迎されます。恵まれた研究環境で優れた研究者の指導を受けて、ドイツの大学あるいは母国の大学で博士号を取得するための研究に従事します。
  • Collaborative Research Centres学際的な研究プログラムのために大学に長期的に設けられた研究センターで研究を行います。詳細はこちらをご参照ください。

博士号をとるさまざまな方法、条件、奨学金、アルバイトなどついてはドイツでの研究のポータルサイト Research in Germany 内のwww.research-in-germany.de/phdの情報が役立ちます。
ドイツでの博士号取得
研究機関
助成制度
などについてわかりやすくまとめられていますのでご参照ください。

パンフレットをダウンロードすることもできます。

PhDGermanyでは、特に外国人向けの博士号取得プログラムを提供している大学や研究機関のデータベースを検索し、DAAD Portalを通じてオンラインで出願できるシステムを提供しています(英語またはドイツ語)。データベースで希望のプログラムが見つかったらDAAD Portal にログイン(事前に登録が必要)して申請フォームに入力し、その他それぞれの募集要項で要求される必要書類(カバーレター、履歴書、写真、証明書、推薦書、研究プロジェクトのアブストラクトなど)をすべてアップロードします。アップロードされた書類はDAAD(ボン)の担当部署で書類審査され、それぞれの大学や研究機関に送付されます。応募書類の評価・応募者との連絡・選抜・面接・合否判断などはすべてそれぞれの大学や研究機関が行います。

TOP