ドイツの大学へ入学申請するための学歴上の資格

日本の教育制度で教育を受けた方がドイツの大学の学部課程で学ぶために入学を申請するには、一般的に、12年の学校教育を修了して高校を卒業し、少なくとも以下の証明書を提出できること、および、求められる語学力を証明できることが必要です。求められる語学力は場合により異なりますので、留学希望先の応募要項をご確認ください。留学するためには高度なドイツ語能力が必要ですかも参照してください。

  • 12年の学校教育を修了して高校を卒業し、センター試験を受験し、受験した科目で62%以上の成績をおさめた場合
    その学科及び関連学科に応募できます(科目、科目数は留学希望の大学にご確認ください)。この場合、高校の1年から3年のすべての学年において(1年でも2年でも3年でも)数学、理科(1科目)、外国語(1科目)、国語を履修した上で卒業している必要があります。また、それを、高校の卒業証明書と成績証明書、および、センター試験の成績表の英文証明書で証明する必要があります(留学先の大学が英文証明書を受け付ける場合)。ご自分がどの科目を何科目受験するべきかは、留学希望の大学に個別にご確認ください。センター試験の英文証明書は、出願時に成績開示を申し込んだうえ、大学入試センター (www.dnc.ac.jp/; 03-3465-8600) に英文証明書の発行を依頼してください(和文の成績通知書が4月中旬以降、英文証明書はその後、依頼してから数週間で発行されるということです)。受験票・成績通知書はとっておいてください。
  • 大学(全日)で4年以上勉強し学士号を取得している場合
    任意の学科に応募できます。高校の卒業証明書と成績証明書、および、大学の成績証明書と卒業証明書を提出する必要があります。ご自分の場合について留学希望の大学に事前にご確認ください。
  • 4年制の大学(全日)で1年以上を修了した場合
    その専攻学科および関連学科に応募できます。高校の卒業証明書と成績証明書、および、大学の成績証明書を提出する必要があります。ただし、1年で35単位以上を習得していることが求められます(2年で70単位以上、3年で105単位以上…)。ご自分の場合について留学希望の大学に事前にご確認ください。
  • 短期大学を卒業した場合
    その専攻学科(ドイツの大学で学べる学科)に応募できます。高校の卒業証明書と成績証明書、および、短大の成績証明書と卒業証明書を提出する必要があります。専攻を変える場合は、 Studienkolleg (入学準備過程)に入学してドイツで改めて大学入学資格試験 (Feststellungsprüfung)を受験する必要があります。ご自分の場合について留学希望の大学に事前にご確認ください。

-これらの条件は、anabin (Informationssystem zur Anerkennung ausländischer Bildungsabschlüsse)のホームページではドイツ語で、DAADのZulassungsdatenbank、および uni assist のホームページでは英語とドイツ語で紹介されています。
-上記の条件を満たさない方は、一度希望の大学の留学生課に、prep course など、入学申請資格を取得できる方法がないかをご自分の場合について具体的に問い合わせてみることをお薦めします。
-芸術系の大学では、卓越した芸術性を証明することにより上記の条件を満たさなくても応募できる場合がありますので留学希望の大学の募集要項をご確認ください。

注意

  • いずれの場合も、希望通りの留学ができるかどうかを、必ずご自身で事前に留学先の大学にご確認ください。
  • これらの条件は今後変更される可能性がありますので、入学申請書類を準備する前に、再度DAAD東京事務所のホームページをご参照ください。
  • 特に芸術や音楽の分野においては、入学希望者の芸術的才能をみるために適性テスト Eignungsprüfungが行われます。詳細は各大学の募集要項でご確認ください。
  • 最終的には、提出書類や適性テストに基づいて各大学が各応募者について判断することになりますので、個別の例についてはご自身で留学希望先の大学にお問合せください。
  • 大検や高等学校卒業程度認定試験 (高認)に合格してセンターテストを受験してすべての学科で62%以上の成績を取得しても、ドイツの大学への入学申請は受理されません。日本の短大を卒業するか(上記参照)、4年制大学で1年以上勉強してから(上記参照)申請することができます。留学希望の大学にご相談ください。
  • beglaubigte Übersetzung(認証翻訳):日本語の証明書をドイツ語に翻訳して提出する場合、認証翻訳が求められることがあります。この場合は有資格の翻訳会社に依頼してドイツ大使館や総領事館で認証してもらうことができます。詳細はこちらをご参照ください。
大学院レベル(学部修了以上) Master 過程などで学ぶ場合、学部修了後に、学部修了者を対象としたコースやこれまでの専門に加えてさらに関連した学科で学ぶには、それぞれのコースに入るための条件を満たしている必要があります。
博士号取得 ドイツで博士号取得を目指す場合、ドイツの大学卒業と同等とみなされる資格を取得していることが必要です。どの学位がドイツの大学卒業と同等とみなされるかについては、各大学が判断することになりますので、留学を希望される大学に直接お問い合わせください。日本の場合、一般的には修士号取得で認められることが多いようです。
研究

ドイツで研究を行う場合には、それぞれの受入先の大学または研究機関に条件を問い合わせてください。 以下のウェブサイトも参考にしてください。

http://www.higher-education-compass.de (“List of Higher Education Institutions”)

TOP