留学に必要なドイツ語力

ドイツの大学では、一般的に、授業はドイツ語で行われます。したがって、入学申請時に、それぞれの課程で求められるドイツ語能力を証明する必要があります。

しかし、英語で授業を行う学科も増えています。その場合は求められる英語能力を証明する必要があります。

博士号取得に必要な語学力は、どの分野で博士号取得を希望するかにより異なります。一般的には、ある程度のドイツ語能力が必要となります。しかし多くの場合、博士論文を英語で書くことも可能です。詳細については、それぞれご希望の大学にお問い合わせください。

学部または研究課程の修了を希望している場合で、授業がドイツ語で行われる場合には、ドイツ語能力を証明する必要があります。それには主に次のような方法があります。

  • TestDaFTestDaFとは、「外国語としての英語のテスト」であるTOEFLをモデルに作られたドイツ語統一検定試験です。これは、ドイツ留学を希望する外国の学生が、ドイツの大学入学に必要なドイツ語検定試験を自国で受験することができるものです。読解、ヒアリング、筆記、口頭の4分野に分かれており 、結果は3、4、5のレベルで評価されます。留学希望者は一般的に、すべての分野でレベル4以上の成績をおさめることが求められます。しかし、これより低い語学レベルの留学生でも受け入れる大学もありますので募集要項を確認してください。TestDaF についての詳細はhttp://www.testdaf.de を参照してください。

    日本国内では獨協大学(www.dokkyo.ac.jp/shiencenter/shiencenter03_06_j.html” と東京ドイツ文化センター (http://www.goethe.de/ins/jp/tok/lrn/prf/tdf/jaindex.htm) で受験できます。

  •  

  • DSH(大学入学志願者ドイツ語試験)ドイツの大学に入学申請書を提出し、その大学から指示された場合に現地で受験します。結果はDSH-1、DSH-2、DSH-3で評価され、一般的にDSH-2が合格ラインです(専攻によってはこれより高いDSH-3が求められる場合もあります)。DSHについては
    それぞれの大学にお問い合わせください。
  • 留学滞在が短期間(研究滞在や、サマーコースなど)の場合に求められるドイツ語能力には特に決まりはありません。しかし、ドイツ語能力が特に求められていない場合でも、ドイツ語の知識があれば何かと便利です。とはいっても、多くの場合、充分な英語力があればよいでしょう。

    その他、ドイツ語力を証明する試験としては、ドイツ文化センターで行われる Kleines Sprachdiplom(ドイツ語小ディプロム試験)、 Großes Sprachdiplom(ドイツ語大ディプロム試験)、あるいはZentrale Oberstufenprüfung(ドイツ語上級統一試験)もあります。

    また、ドイツの一部の大学では、オーストリア政府公認ドイツ語能力検定試験(OeSD)((“Mittelstufe Deutsch”、”Wirtschaftssprache> Deutsch”) )も語学証明として認めています。この試験は日本国内でも受験できます。この証明書を認めるドイツの大学のリストは、こちらをご参照ください。または、留学を希望するドイツの大学に直接お問合せください。

     
    求められる語学能力については以上のような事情がありますので、留学希望の課程に必要な語学能力については、必ず、留学希望先の大学にご確認ください。 ドイツでドイツ語を学ぶ場合は、語学留学や、サマーコースの情報をご参照ください。また、当ホームページのメニュー「ドイツ語を学ぶ」もご参照ください。