ドイツ語能力

ドイツ語ができればもっとラク

英語で授業が行われるインターナショナル・マスタープログラムやPhDインターナショナルプログラムはたしかにどんどん増えています。学問においても、日常生活においても英語は重要。
それでも、ドイツ語まったくなしではやっていけません。理由は、マックスがビデオの中で説明してくれます。
ドイツ語でビデオを見る(英語字幕付き)

参考リンク:
www.daad.de/sommerkurse – 学期休みにドイツ語を学んで、ドイツを体験
www.ondaf.de -無料のオンラインテストであなたのドイツ語レベルを確認
www.fadaf.de/de/daf_angebote/sprachkursangebote -外国語としてのドイツ語専門連盟のデータバンク。ドイツ語コースと学校を探すのに便利
www.goethe.de世界中でドイツ語コースを開講している、最も有名なドイツ語学校のうちの1つ
 

重要な点について簡潔に

ドイツ語はどのぐらい必要?

英語で授業が行われる学修課程では、基本的にドイツ語の代わりに非常に優れた英語力が前提条件となっています。授業言語がドイツ語である場合、一般的に、社会科学系の学科では自然科学系の学科より高度なドイツ語の知識が必要とされています。特に書く能力と話す能力は重要です。

あなたのドイツ語は、ともかく講義やゼミナールでのディスカッションについていくのに十分なレベルでなければなりません。学術的なテーマについて適切に話し、またそれを書いて表現できなければならないのです。

大学の入学申請にあたってはドイツ語能力を証明しなければなりません。しかしもちろんそれがドイツ語を学ぶ唯一の理由ではありません。試験合格の後、あるいはテストで十分な成績が得られたからといって、鞄から辞書を放り出すべきではありません。なぜなら、たとえ大学での勉強にほとんどドイツ語を使わなくてよくても、大学外の生活では非常に大切だからです。日常生活をスムーズにおくり、ドイツでの生活をより深く楽しみ、そして、周囲の人たちともっと仲良くなることができます。
 

どうしたらドイツ語が上達する?

もちろん理想的なのは、母国にいるうちにできるだけ良質なドイツ語を習得しておくことです。これはたとえば世界中にあるゲーテ・インスティテュートなどで勉強することにより可能です。また、ドイツでドイツ語を上達させたい、あるいは、大学入学許可のために高レベルのドイツ語力を証明する必要がある場合、次のようにいろいろな方法があります。

ドイツの大学は語学コースを提供しています。多くの場合、有料です。学期中のコースの他に、主に6~9月に開講されるサマーコースもあります。ドイツ全土でドイツ語学習のための数多くのサマーコースが提供され、そのレベルは実にさまざまです。

ゲーテ・インスティテュートや市民大学(www.vhs.de )、民間の語学学校などがドイツ語コースを設置しています。これらのコースは有料です。

TOP