出願

ドイツの大学に出願する場合、どこでどのように申請すべきかは、

  • 学びたい学科
  • 学校教育を修了した国
  • 取得を目指す修了資格(学士号や修士号など)
  • により異なります。

    以下は出願についての一般的な説明です。出願の方法、出願期間、出願先などは同じ大学でも学科や課程によって異なることがありますので、必ず、留学希望の大学の該当する出願要綱を確認し、疑問点は International Officeに個別にご確認ください。

    入学制限(NC)

    志願者数が定員を上回っている課程では、全国レベルまたは地域レベルで入学許可人数が制限されていることが多くあります(入学制限又はNCと呼ばれます)。

    全国レベルの入学制限
    医学、薬学、獣医学および歯科医学といった学科は出願者数が多く、ドイツ国内の全大学で入学許可人数が制限されています(入学制限(NC)と呼ばれます)。大学入学資格をドイツ及び在外ドイツ人学校、EU加盟国、リヒテンシュタイン、アイスランド、ノルウェーで取得した方については、このような学科への出願および学籍の配分は Hochschulstart という機関を通じて一元的に行われます。しかしその他の国からの出願者は、大学に直接、または、uni-assistを経由して、出願します(出願要項で確認)。原則的に出願締切は、夏学期については1月15日、また冬学期については7月15日となっていますが、外国からの留学生については出願締切がこれより早い場合がありますのでそれぞれの出願要項で確認してください。(uni-assistを経由して出願する場合はそれぞれの締切りの8週間以上前にuni-assistに出願することが推奨されています。www.uni-assist.de/online-application.html参照。大学に直接出願する場合も、締切ぎりぎりではなく十分に余裕をもって出願することが推奨されます。)

    地域レベルの入学許可人数制限
    特定の大学でのみ入学許可人数が制限されている課程もあります。地域レベルで入学許可人数が制限されている学科もしばしばNC課程と呼ばれています。入学制限は学科の学籍に対する需要と供給に基づいて学期ごとに決められます。入学許可を得るために必要な成績評価の平均点は、現在出願されている願書から算定されます。出願する学期の入学許可のために必要な平均点については一概には言えませんが、過去の何学期分かの値が目安になるでしょう。また、例えば工学系の学科においては数学や物理など、特定の成績に大きなウェートが置かれることも往々にしてあります。

    平均点とは別に、各大学は、例えば志望動機書や試験のほか面接など、選抜の際に考慮されるその他の選考基準を定めることがあります。こうした選考基準は大学や学科によって異なります。したがって、出願の前に大学の相談窓口で直接情報収集することが肝心です。相談窓口は、情報サイト Hochschulkompass で調べることができます。

    地域レベルの入学制限がある場合、また、入学制限がない場合は、外国からの出願者は、大学に直接、又は、uni-assistを経由して出願します(出願要項で確認)。

    応募書類、期日および費用
    大学と学科、課程を決めたら、まず留学生課に問い合わせます。留学生課では、出願手続をどのように行うか、またどのような書類を提出しなければならないかなどについて問い合わせることができます。出願先によっては出願に手数料がかかることもあります。

    出願書類には通常、次のような書類が含まれています:

  • ドイツの大学入学資格があることがわかる証明書類
  • 成績証明書
  • 以前に大学の修了証書を取得している場合は、すべての修了証書ならびに成績証明書
  • パスポートの写真
  • パスポートのコピー(氏名と写真が表示されている側のみ)
  • 語学能力証明書
  • 出願書類は、大学や学科によって異なりますので、必ず、留学希望の大学のホームページでご確認ください。また、どの言語のものを用意するのか、提出先、期日などにもご注意ください。

    *認証コピー(amtlich beglaubigte Kopie/officially certified copy)
    「認証コピー」とは、そのコピーがオリジナル文書と相違ないことが正式に証明されたコピーです。その証明は、日本国内ですとドイツ大使館やドイツ総領事館が行います。ドイツ大使館・総領事館によるコピー認証をご参照ください。
    (出願要項などでたとえば成績証明書や卒業証明書の認証コピーを提出するよう求められている場合、日本の大学や高校から正式に発行された成績証明書や卒業証明書は、発行元による正式な「コピー」として一般的にそのまま提出することができます。多くの場合英語で発行された証明書が受け付けられますが、中には日本語で発行された証明書も一緒に必要な場合や、ドイツ語で発行された証明書が必要な場合(下記「認証翻訳」参照)もあります。どの言語のものを提出すべきかは出願要項でご確認ください。)

    **宣誓翻訳/認証翻訳(vereidigte Übersetzung/certified translation)
    公的な翻訳をする資格を有する翻訳者により翻訳され、認証された翻訳です。詳細はドイツ大使館・総領事館による認証翻訳の説明をご覧ください。(例えば、日本の大学の成績証明書や卒業証明書をドイツ語で提出するよう求められた場合で、日本の大学からこれらの証明書がドイツ語では発行されない場合は、有資格の翻訳者やドイツ大使館・総領事館が認める翻訳会社に認証翻訳を依頼することができます。)

    多くの場合、冬学期の出願期間は5月初めから、通常7月15日までです(留学生はこれより早い場合あり。必ず個別に確認)。夏学期の出願期間は、大半の場合12月初めから1月15日までです(留学生はこれより早い場合あり。必ず個別に確認)。(uni-assistを経由して出願する場合、uni-assistでの書類審査にパスした出願書類が各大学に送られてそれぞれ合否判断されます。それぞれの締切りの8週間以上前にuni-assistに出願することが推奨されています。www.uni-assist.de/online-application.html参照。大学に直接出願する場合も、締切ぎりぎりではなく十分に余裕をもって出願することが推奨されます。)合格通知は8月か9月又は2月か3月に発送されます。不合格通知は、それより遅く届くことが多いです。ただし私立大学では、ここに挙げた期間とは異なることが多々あります。

    学科に出願するためのチェックリスト
    書類不備や所定の期限までに到着しなかったといった形式的な理由から出願が失敗することもあります。

  • 希望する学科に出願するために満たしているべき要件
  • 出願先
  • 出願期限
  • 添付すべき書類、証明書の認証コピー*
  • などをよくチェックしましょう。

    TOP