役所の手続き

ドイツに滞在する外国人はまず、いくつかの重要な手続きをする必要があります。

住むところが決まったら、1週間以内に住民登録局(Einwohnermeldeamt)で手続きをする必要があります。ドイツに住み始めた場合、ドイツ国内で引っ越した場合は住民登録局に登録することが義務になっています。無事に手続きが完了すると住民登録を証明する書類が発行されます。これは、たとえば銀行口座の開設や図書館カードを申請する際など、さまざまな手続きの際に必要になります。

詳細は在日本ドイツ大使館ドイツ総領事館のホームページ内のビザをご参照ください。

このほか生活を始めるにあたって以下の点も重要です。

銀行口座:ドイツの銀行で口座を開設すると、家賃や保険料といった定期的な支払いがずっとラクになります。多くの銀行で、学生向けの手数料無料の振替口座(Girokonto)を開設することができます(Studentenkonto/student accountとも呼ばれます)。

支払方法:ドイツでは他の国々に比べて、特に小額の買い物では現金で支払うことが多いです。ECカード(デビットカード)も例えばスーパーなど日常の買い物に広く使われています。

運転免許:日本の運転免許証をお持ちの方はドイツ大使館ドイツ総領事館のホームページ内の運転免許証についてをご参照ください。

TOP