29.05.2017

広島にて「ドイツ、 欧州で広げる研究国際ネットワーク」開催

2017年6月16日に広島大学でドイツ研究留学説明会・相談会を行います。ドイツ、欧州での研究活動に興味のある全ての研究者(修士以上院生、ポスドク、若手研究者、ドイツでの研究活動やドイツとの共同研究に興味のある先生方、関係者)を対象としています。

日程・開催地:13:30-15:15(説明会)15:45-17:30(個別相談会)
          広島大学 本部棟(法人本部)2階会議室

今日の研究発展において、国際性の重要度は日々増すばかりです。ドイツ研究振興協会(DFG)、ドイツ学術交流会(DAAD)アレクサンダー・フォン・フンボルト財団(AvH)、EUの研究助成機関、日本学術振興会(JSPS)では研究者、特に若手が海外で研究する機会を提供する取り組みなどを通じ、研究国際ネットワークの充実をサポートしています。

今回の説明・相談会では、日本在住の研究者が個人で応募できる研究活動をドイツ、欧州で展開するための助成プログラム(研究滞在や研究分担)を紹介します。そして、経験者で有志の方から体験を共有していただく予定です。また、プログラムの説明だけでなく、それぞれの説明担当者が各会場にて個別の相談を受け付けます。さらに事前に研究経歴書(英語)を提出していただけますと経歴にあったアドバイスも可能です。

参加には事前のお申込みが必要です。

プログラムは、こちらへ

お申込みは、ドイツ研究振興協会(DFG)のホームページへ

DAAD_HUE_5939

TOP