16.12.2016

ドイツ連邦教育研究省からのお知らせ

ドイツ連邦教育研究省は「最先端クラスター、未来志向型プロジェクト及びネットワーク国際化」助成金第三期募集要項を公開しました(ご注意:日本の機関は直接応募できるものではありません)。

申込書・計画要旨提出 2017年3月15日

正式申請書類提出   2017年9月15日

助成目的

ドイツ連邦共和国の新しいハイテク戦略は産学の更なる連携を目標としています。近年ドイツ国内や各地で研究機関、大学、企業が参加して多様なクラスターやネットワークが構築され、成果を挙げてきました。今後、グローバル化する世界で競争力を維持していくためにはしかし、こうしたネットワークの国際化が不可欠となります。大企業は比較的これまでもネットワークの国際化をしやすい立場にありましたが、大学や中小企業は高い研究や技術水準を持ちながらもネットワークの国際化に参加しにくい状況に置かれてきました。本助成プログラムでは、主にこうした中小企業や大学研究機関の国際協働推進を目的としています。

 

助成対象

企業

大学

大学以外の高等教育・研究機関

公益法人など公共団体

ドイツ国内にあり、国外の優秀な最先端クラスターとの協働・協力関係の構築または既存の関係の更なる推進を計画している上記団体。助成は協力を予定している海外(日本側)の機関側がその国などからの助成を受ける見込みがあることを前提としドイツ側の機関を対象として行われます。

 

助成概要

最初の2年間までを持続可能で実現可能な国際クラスター構想構築の期間と定め、この期間に実現可能でその成果が中長期的にも期待できる構想を構築すれば第2段階として3年間のクラスター・ネットワーク実現期間への助成が行われます。

第1段階(2年間の構想期間)は年間最大 500,000ユーロまで、第2段階 (最大3年まで)は通算で3,000,000ユーロまでの

申請が可能です。

 

応募・助成に関する詳細はこちらへ

TOP