ドイツ入国と滞在に関して

ビザについて
日本国籍の方がドイツに入国する場合、一般的に、日本でビザを取得していく必要はなく、3ヶ月以上滞在する場合は現地に到着後、直接、滞在地の外人局で、滞在許可を申請することができます。詳細についてはドイツ大使館(www.tokyo.diplo.de)または総領事館(www.osaka-kobe.diplo.de)のホームページをご参照ください。

滞在許可
 大学や大学入学準備課程への留学期間は、たいがい3ヶ月以上になります。EU加盟国またはそれと同等の国の出身ではない場合は、現地の外国人局で滞在許可を申請する必要があります。初回に出される許可は2年間ですが、学習の進展に応じてその都度最長2年の延長が可能です。
 滞在許可の申請には、大学入学許可、健康保険加入、留学中の財政能力証明が必要です(その他の書類の提出を求められることもあります)。
 留学先の大学を卒業した後には1年間の求職のための滞在許可が申請できます。その際、生活費の保証と、能力に応じた職場への就職意欲の証明が求められます。しかし採用に際しては、ドイツ人およびそれと同等の求職者(欧州経済領域加盟国およびスイスの出身者)が優先されます。就職先が見つかればドイツでの就業を許可する滞在許可を取得できます。

注意:ビザや滞在許可に関しては、必ず現地の外国人局およびドイツ大使館や総領事館にご相談ください。

財政上の条件
   入学に先立ち、留学中の費用(学費・生活費・帰国旅費等)を自ら調達できることを証明する必要があります。この証明書は原則的にはビザの申請時に、どんなに遅くとも滞在許可願の申請時までに提示しなければなりません。
 留学生活を送るには基本的に月約 585 ユーロ(年 7,020 ユーロ)を準備しなくてはなりませんが、州によってはこの基本額が異なることもあります。財政証明には、奨学金の証明書、父親または母親またはその他の親族からの保証書、金融機関の預金残高証明書、あるいはその他の保証書が必要です。詳細はドイツ大使館(www.tokyo.diplo.de)または総領事館(www.osaka-kobe.diplo.de)のホームページをご参照ください。また、現地の外国人局にて確認してください。

健康診断
 入国ビザを申請する際に健康診断書の提出を求められる場合もあります。これについてはドイツ大使館または総領事館に問い合わせてください。
 ドイツで滞在許可を延長する際にも医師の診断書が必要な場合もあります。この規定は州ごとに異なりますので、現地の外国人局に問い合わせてください。

アルバイト
EEA(欧州経済領域)やスイス以外の国の出身の留学生は、最高で年間90日(半日の場合は180日)働くことができます。それ以上働く場合には、連邦雇用庁および現地の外国人局の許可が必要です。大学関連の仕事をする場合には時間数の制限なく働くことが可能ですが、外国人局に届け出て、その仕事が大学生の副業として認められるかどうかを確認する必要があります。

詳細は現地の外国人局に問い合わせてください。

参考リンク
www.daad.de/deutschland/download
外国人学生および研究者の労働に関する情報や、入国と滞在に関する情報がPDFファイルとしてダウンロード可能。
www.daad.de/deutschland
"Deutschland / Leben in Deutschland" のメニューの "Einreise und Aufenthalt" の項目に、入国と滞在に関する情報が提供されています。

大学所在地の Bundesagentur für Arbeit(連邦労働局)、Ausländerbehörde (外国人局)、ドイツの在外機関(日本の場合はドイツ大使館大坂・神戸ドイツ連邦共和国総領事館)にも問い合わせてください。