出願手続きと学籍登録


 ドイツの大学への出願にはいくつかの方法があり、どの方法をとるかは志望大学や学科によって異なります。また、これには出身国も関わってきます。
 以下の出願者は大学入学資格に関する法律により総じてドイツ人の出願者と同等に扱われます。

  • 欧州経済領域(EEA)加盟国出身の出願者(EU加盟国*、リヒテンシュタイン、アイスランド、ノルウェー)
  • ドイツの教育を受けた外国人(Bildungsinländer)(ドイツの大学入学資格を有する外国人出願者。ドイツで大学入学資格を得た外国人、または在外ドイツ人学校の卒業生など)
  • *EU加盟国
    オーストリア、ベルギー、キプロス、チェコ、デンマーク、エストニア、ドイツ、ギリシャ、フィンランド、フランス、ブルガリア、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルク、マルタ、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、オランダ、英国

    志望大学への出願手続き − 直接または uni-assist 経由
     外国の出願者はたいていの場合、志望大学の留学生課 (Akademisches Auslandsamt)か教務課(Studierendensekretariat)に出願をすることになります(www.hochschulkompass.deのデータベースでも参照できます)。出願書類は大学で入手するか、DAADのホームページwww.daad.de/zulassungからダウンロードしてください。
     出願に際しては、高等学校成績証明書(もしコピーしか提出できない場合は、「原本と相違ない」という認証が必要)、およびドイツ語能力証明書などの書類一式*が必要です。このほか、履歴書と財政証明書も必要です。書類がそろわないと、大学では申請処理が進められませんのでどの書類が必要かには充分注意してください。出願期間は原則として学期の始まる2〜3ヶ月前に締め切られるため、不足書類の手配が間に合うように、留学生課と早めに連絡を取りましょう。
    * 提出する証明書類は一般的に英語またはドイツ語です。日本語の証明書しか手に入らない場合は、ドイツ大使館または領事館で指定する翻訳会社に翻訳を依頼し、大使館または領事館の領事部でやはり「原本と相違ない」という認証を受ける必要があります。

     ドイツには外国人の出願事務をサポートする uni-assist という機関があり、約90校の大学が外国からの出願の書類上のチェックをここで行なっています。こうした中央窓口は外国の出願者にとってもメリットがあり、一組の書類一式を提出するだけで複数の大学への同時出願が行なえます (uni-assist を介して出願手続きを行う大学に限ります)。uni-assist は書類の迅速な審査を保証しており、uni-assist なら書類に不備があっても、折り返し連絡をしてもらえます。書類がすべてそろい、書類上入学資格に問題がなければ、出願書類が uni-assist から大学へ転送されます。初回出願には、欧州経済領域の出願者は30ユーロ、北京の受付機関で手続きをした中国人の出願者は25ユーロ、その他の出願者は55ユーロの手数料が必要となります。2校目以降の出願料は1校につき15ユーロの手数料がかかります。詳しい情報はwww.uni-assist.deにあります。

     ドイツの大学は入学者選定に際して質的な基準を重視するようになっています。選抜規定は州や大学により異なるため、各大学に直接お問い合わせください。一定数の学籍は外国人出願者(出願資格の認定方法がドイツ人と異なる者)(前記参照)用に確保されています。

    学籍配分機関(ZVS)
     ドイツ全体で学籍数より出願者の方が多い学科には、いわゆる「ヌメルス・クラウズス(Numerus clausus)」と呼ばれる入学定員制限が適用されます。制限が適用された学科ではドイツ人およびそれと同等の外国人(EU加盟国の外国人およびドイツで中等教育課程の修了資格を取得した外国人)の場合は出願書類をまず学籍配分機関(ZVS)に提出してください(www.zvs.de)。日本人を含めこれ以外の方は、留学希望の大学あるいは uni-assist に直接問い合わせてください。

    学籍登録
     入学許可通知が留学生課または学籍配分機関から届くと、大学で学生登録が行なえます。多くの場合登録期間は短く、また本人が直接大学に出向く必要があることに注意してください。
     学籍登録には健康保険の証書や学期納入金(学費と生活費を参照)の払い込みを証明するものなど、指定書類を持参してください。その他の必要書類については留学生課に問い合わせてください。学籍登録の証明書は後日郵送されます。
     学籍登録後は授業の受講や試験の受験、学位の取得が可能になります。図書館、運動場、コンピュータ室などの大学の施設すべてを使用でき、また学生議会の選挙にも参加できます。

    関連リンク

  • www.daad.de/zulassung
    ドイツの大学への入学許可および入学申請書類に関する情報