AGs, Samstag, 31.05.2008 - プログラム2008年5月30日(金)

14:00-17:45

Arbeitsgruppen 分科会

AG 1 /
分科会1

Gebäude 2
Raum 2101
2号館 2101号室

Lebensqualität für eine rasch alternde Gesellschaft.
Medizinische und sozialwissenschaftliche Überlegungen
超高齢社会における生活の質:医学的及び社会科学的展望

Sprache: Japanisch 日本語
Koordination / コーディネーター
Prof. Dr. Koichiro Agata (Waseda Univ.) / 縣 公一郎(早稲田大学) (リンクあり)

"Leiden am Erfolg - Über Probleme einer super vergreisenden Gesellschaft"
成功に苦しむ−超高齢社会の諸問題を巡って (リンクあり)

Hauptvortrag / 基調講演
Prof. Dr. Florian Coulmas (Deutsches Institut fur Japanstudien, Tokyo)
フロリアン・クルマス(ドイツ日本研究所 所長) (リンクあり)


"Grundfragen des Sozialversicherungssystems in einer rasch
alternden Gesellschaft"
超高齢社会における社会保障制度の課題

Co-Referentin / 報告者
Prof. Dr. Miyoko Motozawa, (Univ. Tsukuba)
本 澤 巳代子(筑波大学) (リンクあり)


"Individualisierte medizinische Behandlung für ältere Bürger.
Ist die derzeitige Situation akzeptabel?"
国民のための個別化医療:わが国の高齢者医療はこれでよいのか?

Co-Referent / 報告者
Prof. Dr. Toshihisa Ishikawa (Tokyo Institute of Technology)
石 川 智 久(東京工業大学) (リンクあり)


"Globale Zukunftsperspektiven"
世界の動向

Co-Referent / 報告者
Takao Kawata(Editor in Chief, Biotechnology Japan, Biotechnology Dept.)
河 田 孝 雄(日経BP社 医療局バイオ部編集/バイオテクノロジージャパン編集長) (リンクあり)


"Probleme und Perspektiven einer rasch alternden Gesellschaft aus
medizinischer Sicht"
超高齢社会における医学的問題点と将来展望

Co-Referent / 報告者
Prof. em. Dr. Katsuiku Hirokawa (Tokyo Medical and Dental University)
廣 川 勝 c(東京医科歯科大学 名誉教授) (リンクあり)

AG 2 /
分科会2

Gebäude 2
Raum 2102
2号館 2102号室

Das gefährdete Jahrhundert: Risiko und Sicherheit.
Menschen als Glaubende und Streitende.

Kann die Wissenschaft das gefährdete Jahrhundert reten?
リスクの世紀 信じる人類と争う人類:学問はリスクの世紀を救えるか Sprachen: Japanisch / Deutsch (mit Dolmetscher)
日本語・ドイツ語 (通訳付きドイツ語→日本語)
Koordination / コーディネーター
Prof. Dr. Nozomi Sato (Keio Univ.) / 佐 藤 望(慶應義塾大学) (リンクあり)
Prof. Takeshi Kawasaki (Sophia Univ.) / 河 崎 健(上智大学) (リンクあり)
Prof. Dr. Makoto Kobayashi (Tamagawa Univ.) / 小 林 亮(玉川大学) (リンクあり)

"Widerspruch von Volk und Religion - Gesehen vom gegenwärtigen"
Forschungsstand der Islamistik und Judaistik"
民族と宗教の相克 ? イスラーム研究とユダヤ研究の現状から (リンクあり)

Referent / 報告者
Prof. Akira Usuki (Nihon Joshi Univ.)
臼 杵 陽(日本女子大学) (リンクあり)



"Das gefährdete Jahrhundert" Risiko und Sicherheit"
リスクの世紀? −危険と安全

Referent / 報告者
Prof. Dr. Konrad Osterwalder (Rektor der UN Univ.)
コンラート・オスターヴァルダー(国連大学 学長) (リンクあり)


"Das Phänomen des Rechtsextremismus - Koexistenz - Nation"
Ein Blick auf Deutschland nach der Wiedervereinigung

極右現象・共生・国家
統一以後のドイツへの一視角
Referent / 報告者
Prof. Kensuke Shiba (Tokyo Joshi Univ.)
芝 健 介(東京女子大学) (リンクあり)


Kommentator / コメンテーター
Prof. Takeshi Kawasaki (Sophia Univ.) / 河 崎 健(上智大学)
Moderation / 司会
Prof. Dr. Nozomi Sato (Keio Univ.) / 佐 藤 望(慶應義塾大学)

AG 3 /
分科会3

Gebäude 2
Raum 2302
2号館 2302号室

Die Rezeption der deutschen und japanischen Kultur in der
globalisierten Gesellschaft
グローバル社会における日独文化

Sprachen: Japanisch / Deutsch 日本語・ドイツ語
Dolmetscherin / 通訳: Dr. Aya Ito / 伊藤 綾
Koordination / コーディネーター
Prof. Dr. Ryuichi Higuchi (MGU) / 樋 口 隆 一(明治学院大学) (リンクあり)
Prof. Dr. Ikumi Waragai (Keio Univ.) / 藁 谷 郁 美(慶應義塾大学) (リンクあり)

"Viele Koche bereiten den Brei. Wechselbeziehungen in der
europäischen Musikgeschichte" (リンクあり)

大勢の料理人で粥を炊いた - ヨーロッパ音楽史における相関関係
(リンクあり)
Impulsreferat / 報告者
Dr. Ernst Herttrich (Beethovenhaus, Bonn (z.Z. MGU))
エルンスト・ヘルトリヒ(ベートーヴェンハウス、ボン、明治学院大学) (リンクあり)


"Kulturaustausch im Bereich der Ästhetik. Drei Stufen zur Globalisierung“
美学からみた日独交渉史 ? グローバル化の三段階 (リンクあり)

Co-Referent / 報告者
Prof. Tanehisa Otabe (Univ. Tokyo) (Sieboldpreis 2007)
小田部 胤 久(東京大学)(2007年ジーボルト賞受賞者) (リンクあり)


"Über lokal-basierte Kunst- und Kulturaktivitaten in der globalen
Gesellschaft“
グローバル社会におけるローカルな芸術文化活動について

Co-Referent / 報告者
Prof. Tomoko Mukai (Nihon Univ.)
向 井 知 子(日本大学) (リンクあり)


"Per Aspera ad Astra? Das Japan der Doris Dorrie“
映画監督Doris Dorrieの日本像

Co-Referent / 報告者
Prof. Andreas Riessland (Nanzan Univ.)
アンドレアス・リースラント(南山大学) (リンクあり)

AG 4 /
分科会4

Gebäude 2
Raum 2301
2号館 2301号室

Umweltpolitik: Internationale und interdisziplinare Dialoge
zum Thema Nachhaltigkeit
環境政策:持続型社会の構築に向けた国際的、学際的な対話

Sprachen: Japanisch / Englisch 日本語・英語
Koordination / コーディネーター
Prof. Dr. Eisuke Kaji (Kitasato Univ.) / 梶 英 輔(北里大学) (リンクあり)

"Climate Change Politics in Japan and Germany:
Similarities, Differences and Potential for Greater Cooperation"
日独気候変動政策の比較分析 ? さらなる協力を目指して?

Referent / 報告者
Prof. Dr. Miranda A. Schreurs (FU Berlin)
ミランダ・A・シュロイアス(ベルリン自由大学) (リンクあり)


"Umweltprobleme und Unternehmen"
企業と環境問題 (リンクあり)

Referent / 報告者
Kentaro Azuma (Hosei Univ.)
東 健太郎(法政大学) (リンクあり)


"Windräder als Trumpfkarte beim Aufhalten der globalen Erwärmung"
地球温暖化ストップの切り札としての風車 (テクスト) (リンクあり)(Power Point) (リンクあり)

Referent / 報告者
Prof. Dr. Chuichi Arakawa (Univ. Tokyo)
荒 川 忠 一(東京大学) (リンクあり)


"Risk Perception, Risk Behaviours and Policy Decisions"
リスク認知、リスク行動と対策決定(テクスト) (リンクあり)

Referent, Kommentator / 報告者、コメンテーター
Dr. Mariko Nishizawa (Litera Japan Corp. Fellow, Sociology of
Technology and the Environment, Univ. Stuttgart)
西 澤 真理子(リテラジャパン代表)
(シュトゥットガルト大学社会学部環境技術社会学科研究フェロー) (リンクあり)

AG 5 /
分科会5

Gebäude 2
Raum 2201
2号館 2201号室

Internationale Kooperation bei Hochschulbildung und
Forschung
高等教育・研究における国際協力

Sprachen: Japanisch / Deutsch (mit Dolmetscher)
日本語・ドイツ語 (通訳付き)
Koordination / コーディネーター
Prof. Dr. Shinnosuke Obi (Keio Univ.) / 小 尾 晋之介(慶應義塾大学) (リンクあり)

"Die Nachwuchsforderung durch den internationalen Austausch"
国際交流を通しての人材育成 (リンクあり)

Referent / 報告者
Prof. em. Ichiro Inasaki (Keio Univ.)
稲 崎 一 郎(慶應義塾大学 名誉教授) (リンクあり)


"Herausforderung Globalisierung - Internationalisierung in der
Wissenschaft"
高等教育・研究における国際協力

Referent / 報告者
StS Dr. Michael Stückradt (Ministerium fur Innovation, Wissenschaft,
Forschung und Technologie, NRW)
ミヒャエル・シュトゥックラート(ノルトライン・ウェストファーレン州、
イノベーション・学術・研究技術省次官) (リンクあり)

Kommentator / コメンテーター
Dr. Christian Bode
(Generalsekretär des DAAD)
クリスティアン・ボーデ(ドイツ学術交流会 事務総長) (リンクあり)

Podiumsdiskussion
パネルディスカッション
Moderation, Co-Referent / 司会、報告者
Prof. Dr. Shinnosuke Obi (Keio Univ.)
小 尾 晋之介(慶應義塾大学

AG 6 /
分科会6

Gebäude 2
Raum 2202
2号館 2202・コ

IT Security
ITセキュリティ

Sprache: Englisch 英語
"Special Aspects of IT Security and Future Challenges"
情報セキュリティの特殊な面および未来への挑戦

Koordinator, Referent / コーディネーター、報告者
Prof. Dr. Ahmad-Reza Sadeghi
(Horst-Gortz-Institut fur IT-Sicherheit, Uni Bochum)
アハマド-レザ・ザデギ(ボーフム大学 ホルスト・ゲルツ研究所) (リンクあり)


"The Beginning of a New Era of Information Society and
Information Security"
情報社会の新潮流と情報セキュリティ

Co-Referent / 報告者
Prof. Dr. Shigeo Tsujii<\strong> (President of Institute of Information Security)
辻 井 重 男(情報セキュリティ大学院大学 学長) (リンクあり)


"On the Research of Cryptography and Information Security at NTT"
NTT における暗号と情報セキュリティの研究について

Co-Referent / 報告者
Dr. Tatsuaki Okamoto (NTT Information Sharing Platform Laboratories)
岡 本 龍 明(NTT情報流通プラットフォーム研究所) (リンクあり)


"Anonymous Authentication-- an approach to balance security and privacy concerns"
匿名認証?セキュリティとプライバシを両立させる一つの手法について (リンクあり)

Co-Referent / 報告者
Dr. Kazue Sako (NEC Corporation) (リンクあり)