世界に向けて- DAAD東京事務所30周年記念行事

DAAD東京事務所30周年記念行事のホームページへようこそ!

(Deutsch )

今回この30周年を記念して、もっとも活動的なアルムニ会である「友の会」とDAAD 東京事務所は、5月30日(金)から6月1日(日)にかけて30周年記念行事を共催いたしました。テーマは 「世界に向けて, 日独学術交流の未来」でした。
ドイツ学術交流会のクリスティアン・ボーデ事務総長、ミヒャエル・シュトゥックラート次官 (ノルトライン・ウェストファーレン州、イノベーション・学術・研究技術省)、東京事務所の3人の元所長、 友の会初代会長の吉田久教授をはじめ、多くの元奨学生、および、大学、関係企業、関係団体、 関係省庁からもたくさんの方々がおいでくださいました。また、光栄なことに2007年ノーベル物理学賞受賞者のペーター・グリュンベルク教授も参加をご快諾くださり、基調講演の後、特に設けた若手の元奨学生との対話の場において質問に応じてくださいました。
詳しくはこちらへどうぞ:

プログラム
記念行事の感想・報告
フォトギャラリー